Q&A

Q  どのような点検をするの?

 

A  太陽光発電協会の定めるガイドラインのほかに、

   ・ 架台、モジュールの目視点検

   ・ 直流側ストリングごとの開放電圧測定、I-Vカーブ測定

   ・ サーモカメラによるモジュール点検(ホットスポットやバイパスダイオードの短絡の発見)

   ・ モニターや監視装置等による発電量分析

   ・ 異常ストリングから不良モジュールの特定

     などです。

 

Q どのような契約プランがあるの?

 

A  ・必要時に1回だけのスポット点検でもOKです。発電量がおかしいと思われる時、ご自身の発電所が気になる時に御用命ください。

   ・複数年プランは入念にお客様の御希望と御予算を打ち合わせの上、お客様のニーズに会ったプランをご相談いたします。

 

Q  複数年プランのメリットは?

 

A  ・1回あたりの点検料が割安になります。

    また、緊急かけつけ対応となります。(年間1回まで無料)

 

Q  緊急かけつけって何?

 

A  お客様より、パワコンが停止している、モニタリングで発電停止している、異常メールを受信した等の連絡を受けますと、現場にかけつけパワコンの復帰、ブレーカートリップの対応をいたします。(連絡頂いてからおおむね12時間以内に対応)

   なお、落雷による機器故障の場合は復帰できません。

   年間、複数年プランでないお客様もかけつけ対応いたします。ただし、出張料だけいただきます。

   淡路島外にお住まいで淡路島に発電所を所有している方に是非おすすめです。

 

Q  淡路島外の設備もメンテナンスしてもらえる?

 

A  基本的に淡路島内のみです。希望されるなら信頼のおけるご当地業者様を紹介させていただきます。

 

Q  家庭用の余剰設備も点検してもらえる?

 

A  もちろんOKです。家の屋根に載せてるので火事等の危険が無いわけではありません。

   2連梯子で届かないような、高所作業車、足場組み等が必要な場合は別途となります。

 

Q  他社施工の物件でも大丈夫?

 

A  はい、喜んで!だだしパネル配線図等作成しなければならない場合はレイアウト図を別途作成いたします。

   淡路島の発電所オーナーの大半が島外業者施工と聞きます。中には竣工した途端に連絡がつかない、取扱説明してほしいと電話したらハイハイ言いながら一向にやってこない、詳しく調査したら25ストリングの内、3ストリングが+と-が逆接だった等、「やり逃げ」とも思われる業者も多数おります。全ての業者がそうとは言いませんが、私どもの耳には常にそんな話が聞こえてきます。

    私どもは常に、淡路島に不良発電所を無くし、発電所オーナーに経済的損失を最小限に留めたい気持ちでいっぱいです。

 

Q  他にはどんなサービスを?

 

A  転売のための総合評価、竣工検査、中古物件または分譲物件を買う前の総合評価、自身の発電所の健全度合のチェック、不良パネルに対するメーカーへの交換要請資料作成、他太陽光システムに関しては何なりとご相談ください。

 

 

Q  点検料ってどれくらい?

 

A  内容によります。概ね50kw野立てシステムで、項目にもよりますが、1回あたり5万円から10万円です。

    この倍の値段の開きは点検内容の調査項目によります。

    お気軽に太陽光専用ダイヤル、もしくはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。